乾杯している新郎新婦
置かれたバラのブーケ

完璧に仕上げる

式にゲストを招待する場合は、結婚式場の場所が記載された招待状の作成が重要になります。また、注意点などいくつかありますのでそれを忘れずに作成を行なっていきましょう。

この記事の続きを読む

外国人の花嫁 アップ

感動を呼び起こす

結婚式と言えば、感動する場面が多くゲストも泣いてしまうほどの演出もあります。中でもムービーはその傾向が強くより深みのある式に出来るでしょう。業者へ依頼をしたり自作で作るなど様々です。

この記事の続きを読む

手を広げる花嫁

流行りのものを選択

場の雰囲気を盛り上げることが出来る二次会の景品は、流行りのものを入れると更に盛り上がります。どれが一番支持されているのかなどをリサーチしていき、二次会の景品をピックアップしていきましょう。

この記事の続きを読む

花嫁と花婿の手

相場のチェック

華やかな格好で出席をする為には、ブライダルヘアメイクを行なう必要があります。特に花嫁が利用するもので決して安い金額ではありませんがそれ以上に綺麗な見た目に仕上げてくれます。

この記事の続きを読む

低価格を実現する

立川で結婚式場を利用するなら、こちらのサイトが便利ですよ。ランキング順にオススメの結婚式場が紹介されていますよ。

花嫁の後姿

皆さん、結婚式を探すときに少しでも安くしてほしいと思いますよね。でも、どうやって探したらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。ウェディングの会場をお得に見つけるには、まずは日にちにこだわらないようにしましょう。主に六輝と言われるもので、大安と友引がウェディングを挙げるのに人気があります。しかし従来より人気のあるこの日は、早い段階から予約が集中する傾向がありますので、なかなか割引はしてくれません。逆に仏滅はあまりウェディングには適さないという考えから予約が入りませんでした。そのため、仏滅の日に挙式を希望する人へは割引があるところがあります。他には、初めてブライダルフェアに行ってその場で成約した場合にも成約特典という名で割引をしてくれるところもあります。

では、実際に結婚式をするにはいくらぐらいかかるのでしょうか。人数や演出の内容によっても変わってきますが、平均300万と見積もっておけばいいのではないでしょうか。ウェディングの会場をホテルにするのかゲストハウスにするのかでも費用は変わってきます。また、自分たちの衣裳だけでなく親族の衣裳なども含まれると費用は確実に重なりますので変動は必ずあります。ブライダルフェアに行った際には必ずこれで結婚式ができるという形の見積りを作ってもらうようにしてください。そうすることによって、後々額が大きく変わって驚いたということを避けることができます。また、自分でパンフレットを見ながら概算を出してみるという方法もしてみてください。